ブログ

もう一つの知性

ヒプノセラピー(催眠療法)
〜 もう一つの知性が目ざめる 〜

いま、かつてないほど、多くの人びとがヒプノセラピー(催眠療法)を学び、体験しています。

この時代になっても、単に’催眠’という言葉から特殊なイメージを抱く方もいますが、これはアメリカ、カナダ、オーストラリア、イギリスなどの心理学の先進国で広く採用されている コーチング法であり、セラピー(心理療法)の一つ。

さて、このヒプノセラピー(催眠療法)には、大きく分けて3つの方向性があります。

 

 

一つ目は
過去の感情体験や、その体験で培った思い込みを変容させる過去退行のヒプノセラピー(催眠療法)

二つ目は
故人や失ったペットと対面したり、高次元意識(ハイヤーセルフ)に目覚めるワーク

そして 三つ目は
意識を未来に先行させ、予知感覚やアドバイスを得る未来順行ヒプノシス(暗示・マインドコーチング)です。

 

脳認知科学に裏付けされた、人類史上もっとも古く、かつ最先端のセラピーとして各国の医学会、歯学会、軍を中心に採用され、半世紀以上も前から有効性が認められていますが、私たちにも使うことのできる大変シンプルで強力な手法です。

(※.上記各国の軍、医療機関などで正式に導入されながら、未だ研究がなされていて
例を挙げれば、米国は国家をあげて先端の脳科学研究に4700億円を投入するプロジェクトを開始しています。

催眠学と脳科学は深く関連していることから、今後が期待されます。)

 

 

 

 

ニューロ・サイエンスとヒプノセラピー

ワークでは、過去の記憶にダイレクトに通じるテクニックが用いられます。
深い状態になると埋もれていた記憶、感情や思いもよらない事が呼びさまされます。
少し、驚かれるかもしれません。
めざめた時には内容を覚えていない方もいます。
この感情は脳と神経に連動していると考えられ、即座に身体に作用し始めます。

ミッドα波(脳波の程度を表します。)に入っていくヒプノセラピーは、科学的なエビデンスをもつ療法なのです。

 

 

 

量子論とサイキック

ヒプノセラピー(催眠療法)の現場では、あなたの脳波は数分でゆるやかに落ちていきます。
セラピストの脳波と共振が始まるのです。
これは計測可能な科学ですが、そこで起きるのはセラピストとの心理的な同調です。

これは物理学で説明される、波動の干渉ですね。

この干渉を生かし、高度に知識を有するトレーナーや熟練したヒプノティスト(催眠士)は、あなたの無意識に自然に働きかける方法を知っています。
あなたはただ自然に、心地よい感覚を味わっていてください。
気負いも、努力もいりません。
楽にしていて、いいのです。

 

脳波が共振すると相手の感情や価値観が転移することがあります。
あなたの脳や心臓が放つ、感情や思考は電磁気情報(氣、またはエネルギー)となって、他者と通信をおこなっていると考えられていて、この能力こそが直観(いわゆるサイキック知覚)の正体ではないかと言われています。

この能力は潜在意識の担当です。
そのため、潜在意識にアクセスすることの多い方なら、どなたでもサイキック機能が活性化する傾向があり、高い能力を備えたセラピストであれば、サイキックレベルであなたと同じビジョンを見て、どう誘導すべきかを直感で受け取っています。

ワークに高い効果があるのは、脳神経科学だけでなく、目に見えない’意識の科学’の力も使っているからなのです。

この’情報通信’は、量子レベル。

その理由から、ヒプノセラピーは心だけなく、身体のヒーリング分野でも大いに効果が認められ、今あらたに日本でも注目されています。

あなたの潜在意識、直観力をリアルに実感できたら…

あなたの自己認識も、人生観そのものも変容することでしょう。

 

 

 

そして、スピリチュアルな何か…

とはいえヒプノセラピー(催眠療法)は、物質としての脳や身体を扱うだけではありません。

過去生や生まれる前の、胎児期の感情体験を追体験して癒されたり、大きな気づきを得る人々がいます。

一部の脳機能学者は、ヒプノセラピーで得たビジョンは(あなたが過去に見た何かの記憶のかき集め)
または(それらを元にした妄想)と断定するかもしれません。
感情は脳内分泌物のしわざで、不思議な体感は脳の幻覚作用だと考える人々もいます。

しかし一方で、世界のヒプノセラピスト(主に精神科医、心理学者、人類学者)の研究は’前世や胎児の頃の記憶’は史実として正しい場合があり、その証となる多くの事例を発表しています。

 

このことを踏まえ、アウェアネスIns.ではスピリチュアリティへの否定、批判や輪廻転生思想の真偽はさておき、事実を適切に扱い、全ての前提(思い込み)を外して謙虚に受け入れる精神的態度を大切にしています。

なぜなら現代はまだ、脳のこと、意識の世界、ひいては人生や宇宙の真実も解明できていないのですから。

 

未知な領域に対しては、まず体験してみること−その体験から学ぼうとする心的態度こそ、科学の精神であり、私たちを成長させてくれるのでしょう。

 

横浜・青葉区 ヒプノセラピー

銀座・豊洲・晴海 ヒプノセラピスト資格スクール

【アウェアネス・インスティテュート】