ブログ

トランスで目覚める もう一つの知性

潜在意識をひらくヒプノセラピー、誘導法(=誘導瞑想法)は

アメリカ、カナダ、オーストラリア、イギリスなどの

心理学の先進国で広く採用されているコーチング法であり

心理療法の一つです。


催眠トランス、3つの方向性

①過去へ

過去の感情体験や、その体験で培った思い込みを変容させる過去退行のヒプノセラピー(催眠療法)。

②異次元へ

親しい故人や失ったペットと対面したり、高次元意識(ハイヤーセルフ)に目覚めるワーク。

③未来へ

時間を先行させ、予見やアドバイスを得る未来順行ヒプノシス(暗示・マインドコーチング)です。


人類史上もっとも古くありながら、メンタリストらが研究する先端セラピーでもある奥深さが、いま多くの人びとを惹きつけているヒプノセラピー(催眠療法)およびヒプノシス(催眠暗示)の世界。

各国の医学・歯学会に採用されるなど半世紀以上前から有効性が認められています。

ニューロ サイエンス と ヒプノ

ワークでは、過去の記憶にダイレクトに通じるテクニックが用いられます。これは一般に書籍や動画などの「セルフ催眠」には公開されていない テクニックを用います。


そのテクニックでおこなえば、スムーズに埋もれていた記憶、感情が浮上してくるというわけです。


少し、驚かれるかもしれません。でもそれが、潜在意識の働きです。
めざめた時には内容を あまり覚えていない方もいるほど、セミトランスへ導かれる体験も貴重でしょう。慣れれば、自分でいつでもその状態に入っていけるようになります。

また、あなたの感情は脳と神経に連動していますから、即座に身体にも作用し始めます。

ミッドα波(脳波)に入っていくヒプノセラピーは、科学的なエビデンスをもつ療法なのです。

量子論と サイキック直観力

ヒプノセラピー(催眠療法)の現場では、あなたの脳波は数分でゆるやかに落ちていきます。セラピストの脳波と共振が始まるのです。
そこで起きるのは セラピストとの心理的な同調

つまり 物理学で説明される波動の干渉です。

この干渉を生かし、トレーナー熟練したヒプノティスト(催眠士)は、あなたの潜在意識に自然に働きかける方法を知っています。

脳波が共振すると相手の感情や価値観が転移することがあります。

あなたの脳や心臓が放つ、感情や思考は電磁気情報(氣またはエネルギー)となって、他者と通信をおこなっていると考えられます。

そして、こうした現象を(時に)私たちはサイキック能力 (ESP)の一つ。

ただ、それも特別なことでなく「Extrasensory Perception」という意味で、ヒトが持つ五感を超えた知覚をさします。直訳すると超感覚的知覚ですね。

私たちは五感以外の(何らかの)感覚で事物を認識することは日常的にあります。

たとえば’虫の知らせ’や’予感’など、なぜかわからないけれど「なんとなくそう思った(感じた)」経験です。

第六感(シックスセンス)や直観、超能力、潜在能力とも呼ばれていますが、心理学の先進国アメリカに本部を持つ、世界最大の催眠療法士組織「米国催眠士協会(NGH)公式テキストにも、催眠(ヒプノシス)このセンスとの関係について、以下の内容を述べています。

(要約)
催眠(ヒプノシス)の状態は感覚外知覚、トランス・パーソナルな現象やESP体験を起こしやすく、催眠の黎明期においては、ESP は催眠にあるべき現象であり、トランス現象の兆候の一つとしてみなされていました。 その 1 つが「知覚の共有」です。遠く離れているヒプノセラピストが体験した知覚(つねられる、においを嗅ぐ、腕を動かすなど)を、別の場所にいるクライアント(被験者)が感じたという報告があるほか、別の ESP 能力についてもフランス、ロシアで行われたいくつかの実験があります。より古くには千里眼(遠く離れた出来事をみたり、知ることができる)の例があり、事例には驚くべきものがあることは確かです。現代においては、催眠によるトランス状態が ESP に及ぼす影響についての実験研究で、催眠誘導が ESP 能力を向上させることを示しており、被験者が単にトランスに入っているというだけで、能力(スコア)の向上が確認されています。

この能力こそが直観(いわゆるサイキック知覚)の正体ではないかと言われているのです。

直観力は 潜在意識の担当

このように潜在意識にアクセスすることが増えると、どなたでもサイキック機能が活性化する傾向があります。

熟練したヒプノセラピストなら、サイキックであなたと同じビジョンを見て、どう誘導すべきかを直感で受け取っているはずです。

またこうした(催眠における)明らかなサイキック現象 に対して過剰に反応することは、避けましょう。

レッスンで発達した能力をもって、自分を特殊能力者であると勘違いしたり、高次元のスピリチュアル・チャネルと思い込むなど、誤った信じ込みを避けることができます。

実際、アウェアネスIns.では誰もが この直観力で情報を得るレッスンワークを取り入れ、どなたにも実感いただけることですし、一見、無関係のように思える直観サイキックのプラクティスは、潜在意識の働きを より実際的に 理解するために 導入していることに過ぎません。

催眠ワークに高い効果があるのは脳内ホルモンだけでなく、目に見えないサトル(精妙)な働きもあるからなのです。

以上の理由からヒプノセラピー心だけなく身体のヒーリングでも、大いに効果が認められてきました。

そして スピリチュアルな何か…

ヒプノセラピー(催眠療法)は物質の脳や身体をコントロールできるだけでなく、過去生胎児期の感情を追体験して癒されたり、大きな気づきを得るために有効です。

一部の脳機能学者は、ヒプノセラピーで得たビジョンは(過去に見た何かの記憶のかき集め)または(それらを元にした妄想)と断定するかもしれません。


感情は脳内分泌物のしわざで、不思議な体感は脳の幻覚だと考える人々もいます。

前世療法に 実証は要らない

しかし世界中のヒプノセラピスト(主に精神科医、心理学者、人類学者)の研究では ’前世や胎児期の記憶’は史実として正しい場合があり、その証となる多くの事例を発表しています。

一方で、全ての過去生体験が正しいとは証明できませんし、そうする必要もないのです。

前世という設定の中で、ぼんやりと 物語が紡がれていく、その中に、今のあなたの傾向が 現れます。そこにこそ価値があるからです。

アウェアネスIns.では、輪廻転生の論議はさておき、ワーク中の神秘体験を妄信することなく、かつ否定もしない在り方を推奨しています。

なぜなら人類はのこと、意識のこと、時間の存在、ひいては人生や宇宙の真実も、まだ解っていないのですから。


ヒプノセラピーとアカシックのスクール@横浜

【アウェアネス・インスティテュート】