ブログ

トレーナーより

アウェアネス
-Awareness-

気づきと可能性と。

ここ数年

人々の生き方の変化は加速しているように感じます。

多くのひとが内面的にも価値ある人生を送りたいと希求し

潜在意識について深く学び

実際の日々に活用し始めています。


よこはま田園都市クラスのラウンジにて。
吹き抜けの上、大きな窓から
陽が射すクラスルーム。
視線をあげれば、いつも青空。


それまでの私、そして崩壊のとき

私は飛鳥時代から(まつりごと)や祭祀に関わる家系に生まれました。

航空会社での勤務を経て企業研修の事業を立ち上げて、当時は すっかり「一人前」になった気がしていたことが思い出されます。

人はときに、大病や別離、経済的な困窮などにより価値観が大きく揺さぶられる出来事に遭遇するものです。

自分にそれらが一気に降りかかってきたとき、崖から突き落とされたような恐怖を味わうことになります。

私も、そうでした。

庭の小石を見つめて 「感情のない石ころになれたらいいのに…」と思ったことを憶えています。けれど心のどこかで(こんな人生を送るはずがない)という自己信頼のような感覚がありました。(何かが間違っている!)と 感じたのです。

ヒプノセラピーを体験してみようと思いたったのは、その「間違っている何か」を見つけ、人生を立て直したいと強く願っていた時でした。

当時、日本には ”引き寄せの法則” が紹介され始めたばかりで、”思いは実現化する”という 衝撃的な真理を 私もその頃に 初めて 知った一人です。

潜在意識のこと、脳と認知のしくみなどの知識は、現実に結果を導き出してくれる、とても有益な「人生の取扱い説明書」のようなものだと知ったのでした。


旧来の前世療法だけでなく
多次元宇宙理論に基づく
新しい手法も。

科学や セラピー現場とともに進化して
いつも新しい!
そんなスクールでありたい。


ヒプノセラピーとの出会い

人生に対する問いに、答えを求めていたころ、とても不思議な体験をしました。

立ち寄った書店でふと目に留まり、手に取った本のページを開いたところ、その書籍を以前にも読んだ気がして、内容を全て知っている!!と感じました。

はっきりと知っている「記憶」のようなものでした。

それがブライアン・ワイス博士『魂の伴侶』。前世療法をテーマに綴られた著作です。

ヒプノセラピー(催眠療法)を私が知ったのは、その書籍を手に取った瞬間が初めてです。なぜ私は、その本の内容を知っていたのか、未だにそれは大きな謎です。

また科学的、医学的な催眠と歴史を知るにつけ、いよいよ この意識の科学に惹かれていきました。

表層では決して望まない不運なことでも、無意識レベルではそのことを考えていたり、もともと自己否定感があったりして、私たちは自分で嫌悪していることをわざわざ引き寄せては抗い、抵抗しているものです。

ヒプノセラピー(催眠療法)の学びは、科学理論ほか認知脳科学やエネルギー、ヒーリング(身体電磁気)、東洋哲学や西洋のスピリチュアルな教えから超心理学まで広大な範囲にわたります。

皆さんも、催眠の科学に触れていくと量子論、PSI(サイ科学)の領域に踏み込んでいくことになるでしょう。


量子的飛躍(Quantum Leap)思考で
瞬間的に現実や人が変わることも…。

だから ヒプノシスは面白い。


フシギな能力も潜在意識のしごと

右脳と左脳を使いこなす意義が真に腑に落ちた時、それまで抱えていた’人生に対する疑問’、’絶望感’もすっかり消え去っていました。

新しい方法で、何歳からでも人生を立て直せる!と。

’潜在意識’とのアクセスをはじめると、全ての面で 思考を投射したような現実が展開しはじめました。いわゆる”引き寄せの法則”です。 けれど一般に書かれていることは 入門編でしかないことも分かるようになっていました。

心内にあるものが現実となるためには、まず心の大掃除をする必要があることや、直感力を訓練することも大切だということです。

ここでいう直感力とは、サイキック(潜在能力)の一つで、何故だか(そう!)と判るセンサーや、肉体にヒーリングを起こすこと、クライアントや他社の深層意識に繋がるアンテナを働かせることの全てを含みます。

この能力はヒプノシス(催眠状態)を繰り返すことで、急速に発達していきます。

かつての私がそうだったように、あなたにも、全ての人に”意識の翼”は備わっており、それを使うか使わないかの自由があるだけです。


50’s 半ば

「振り返れば、C/A そして 研修講師
ずっと職業婦人でした。
まさかセラピストになるなんて。

人生は、意外なことだらけ。」


サイキックであるということ

今の私は、目に見えない情報を読む”リーディング能力”をも 信頼できるようになりました。

実を言えば、この能力には学生時代から気づいていました。人の人生ルートを見ること、考えている事が すっかり分かってしまう事が度々ありました。私はそれらが得意のようなのです。

今だから言えることの中には、定期試験や入試のテスト問題を夢で実際に予見したり天災の被害(状況)が当たっていたことも 、当時は(すべて ただの偶然)という認識でした。

でも今なら、以下のようにお伝えすることができます。

アウェアネスIns.のクラス内調査では、クラス生の誰もがそれぞれに得意なサイキック能力(潜在能力)が目覚めてくることが分かってきたのです。

当クラスでは、この能力をも伝達・活性化すべく(アカシックの)リーディングや透視、テレパシー送達などもヒプノセラピーのレッスンに取り入れています。というのも、この能力は 場を共有することで同期することが 知られているからです。

もしセラピストやコーチ、教師や上司がクライアントや部下の心の中の、見えない情報を得ることができれば、セラピーや指導効果の確かさを発揮するでしょう。

これらは、いま超科学として取り組んでいる研究者は大勢おり、ヒトとしての潜在能力の発露に気づいている一般の方も多くなってきました。

アウェアネスIns.のレッスンでは、皆さんの潜在能力を使えるワークをふんだんにとりいれているのも、皆さんに その大きな可能性があるからです。

あなた自身のギフト可能性に気づいたら人生が突然ひらけてくるでしょう。


横浜クラス / レクチャー・スペース
期ごとの受講者は8名まで。



学ぶだけで終わらない。その先

そしてもし、あなたが人生を好ましく変化させることができたら、きっと人にもその真実を伝えたくなるでしょう。

私がトレーナーになったのも それをお伝えしたいからです。

アウェアネスでの学習や討議は、単に 確立されたセラピー法心のしくみだけに留まりません。

なぜなら 科学も どんどん進歩しています。

例えば多次元宇宙論では、従来型のヒプノセラピーでいう「前世」「カルマ」という概念そのものも変わってくるでしょう。

そして昨今はメンタリストのデモンストレーションを見ても、潜在意識のヒントがたくさん見つけられます。アウェアネスではその手法を解説し、体験しながら、皆さんが潜在意識のプロになっていくのです。

このように、科学セラピー現場とともに進化して いつも新しい! …設立以来、そんなスクールであり続けてきました。

アウェアネスは世界で信頼される協会の認定スクールではありますが

「●●協会認定だから高度だ」という権威スタイルも好みません。

ただ、

潜在意識とつながって直観力を磨き、ともに体験していくスクールであろうと努めています。

アウェアネス・インスティテュート

代表 トレーナーコーチ / 璃子クレア

クライアントご感想はこちら

今回のテーマはソウルメイト。
ヒプノセラピー(催眠療法)スタイルで ご体験ください。

-アウェアネスIns. Youtube チャンネルより-

【意識と現実】
脳とココロ、双方からアプローチできる
ヒプノティスト(催眠士)が世界的な傾向です。

-アウェアネスIns. Youtube チャンネルより-

ヒプノセラピーとアカシックのスクール@横浜

アウェアネス・インスティテュート