ブログ

ヒプノシス(催眠)とESP

ヒプノシス(催眠)と
ESP

「ESP」とは

「Extrasensory Perception」の略で、ヒトが持つ五感を超えた知覚をさします。


直訳すると超感覚的知覚ともいいますね。

私たちは五感のほかの(何かの)感覚で事物を認識することは日常的にあります。

たとえば’虫の知らせ’や’予感’など、なぜかわからないけれど「なんとなくそう思った(感じた)」経験です。
いわゆる第六感(シックスセンス)や直観、超能力、潜在能力とも呼ばれています。

ヒプノセラピストや、ヒプノセラピーを多く体験する人には、この感覚的知覚が活性化することが判っています。


いま催眠療法瞑想の人気が高まっていますが、このセンスを活かして問題解決のヒントを得たり、好機を掴んだりすることを期待している場合もあるでしょう。


アウェアネスIns.の認定発行は2つ。
上:米国催眠士協会のロゴマーク。

心理学の先進国アメリカに本部を持つ、世界最大の催眠療法士組織「米国催眠士協会(NGH)」公式的テキストにも、脳波を落とした催眠状態とこのセンスとの関係について、以下の内容を述べています。

(要約)
催眠(ヒプノシス)の状態は感覚外知覚、トランス・パーソナルな現象やESP体験を起こしやすく、催眠の黎明期においては、ESP は催眠にあるべき現象であり、トランス現象の兆候の一つとしてみなされていました。 その 1 つが「知覚の共有」です。

遠く離れているヒプノセラピストが体験した知覚(つねられる、においを嗅ぐ、腕を動かすなど)を、別の場所にいるクライアント(被験者)が感じたという報告があるほか、別の ESP 能力についてもフランス、ロシアで行われたいくつかの実験があります。

より古くには千里眼(遠く離れた出来事をみたり、知ることができる)の例があります。それが現実的に思われ、納得できるものであっても正確さを保証するものは一切ありませんが、事例には驚くべきものがあることは確かです。

現代においては、催眠によるトランス状態が ESP に及ぼす影響についての実験研究で、催眠誘導が ESP の能力を向上させることを示しており、被験者が単にトランスに入っているというだけで、能力(スコア)の向上が確認されています。

ラポール(心の繋がり)は、ヒプノセラピストとクライアントの間のテレパシー的なつながりをといえるでしょう。良いヒプノセラピストはクライアントと相互にトランス状態にいられるよう、催眠誘導中に自分自身を催眠に入 れることがあります。
これがテレパシー的なつながりを促進し、ヒプノセラピストはクライアントの反応に、より敏感になることができます。


精神科医天才ヒプノセラピストだったミルトン・エリクソン私は催眠ワークの多くを、自らも催眠(トランス)状態でおこなったと述べており、自身の天才性の理由を明らかにしています。

職場や家庭で、誰かがイライラしていると、その場に同席している人の中には、そのイライラ感が伝わって気分を壊したり、同じようにイライラし始めるケースはよくあること。

レッスン中にも、クライアント役の受講者が(催眠療法のワーク中に)体験している内的なイメージが、セラピスト役にも同時に思い浮かぶケースは、頻繁に発生します。


ワーク後のシェアタイムでは、実際にその「情報」が正しかったことが確認できるので(まさか!自分に こんな能力があるなんて!)と驚いたり、喜んだり。

その情報はデリケートで繊細な電磁波なので、受信機(私たちの感性)の程度がよければ直観の精度が高くなるのも頷けます。


ヒプノセラピーを受けたりセラピストのレッスンを始めると、このESP のひらめきや直観が大いに磨かれて言葉や画像イメージ、あるいは(何かを知っている)感覚として現れてきます。

自分自身についてや、ある問題の解決についても、しばしばこの現象によって何らかの価値のあることを学んだり、知ったりするのに役立つことが増えます。

それがヒプノセラピーを受ける意味、催眠療法を学ぶ価値でもあります。

また一般に、催眠における明らかなサイキック現象 に対して過剰に反応する可能性があることを認知しておくことも大切です。

レッスンで発達した能力をもって自分を特殊能力者であると勘違いしたり、高次で精神的なチャネルと思い込むといった 誤認識を避けることができるでしょう。


ヒプノセラピーとアカシックのスクール@横浜

【アウェアネス・インスティテュート】