ブログ

Past Life 前世療法 Ⅰ

心理療法 には興味がなくても、自分の前世となると別で、ひとは 誰でも自分自身のことを、いつも もっと知りたいと思っているものです。

今回は前世療法のケースから、ヒプノセラピーとは どのような感じで進むのかをご紹介していきます。


しばらくの沈黙を破って、私は訊いてみた。

セラピスト:そこは、どこ?

彼女:…(沈黙)…

彼女は目を瞑ったまま眉をひそめ、まぶたの向こうに何かを見ようとしていた。

彼女:…いちば…街の市場のような…。

セラピスト:(あなたは)そこで何をしているの?

彼女:ただ歩いています。本を持って…歩いています

(ハッと気づいたように) 私は…私は学生です

セラピスト:どこの国? 地域でも。

そう問われて、彼女の潜在意識は、何かを検索にかけているようだった。

彼女:…エ…  エジ…プト。

セラピスト:あなたはエジプトに居るんですね? あなたは女性?それとも男性?

彼女:おとこ。  

(今度はしっかりと頷くような表情で) 

はい、男です。

はじめてのヒプノセラピー・ワーク練習より
この後、彼女は 歴史的事実と合致する

とある 情報を 語り始めました。

それは 後から調べて 判明したことだったのです。

催眠を誘導しながら 一番、驚いていたのは…たぶん のほう。

今、彼女は 私の目の前に 確かに 居て

そして同時に、いつだか知らない時代のエジプトに居る。

うぅん… ここに彼女は もう居ないのかも知れない。

今の彼女は、流れる風の匂い砂埃を感じているのだから。

沈黙が続く。

うっすらと がにじむ 瞼。

(涙は、埋もれていた感情を解放します。レッスンでは 号泣体験が多く起こります。)

その向こうには別の世界が拡がっているのだった。


これは私が初めておこなったヒプノセラピー(催眠療法)トレーニングの模様です。

「今生のテーマ」に関する幼い頃へと誘導したのですが、彼女の潜在意識はもっと遠い 過去生にいってしまったのでした。

ふたつの意識レベル

私たちの意識は大きく二つの領域があって、それはよく氷山に例えられます。

海上に出ているのが顕在意識、海中にはその何倍もの質量の氷塊があり、それが潜在意識だという説明が心理学ではなされています。

その割合は1:9 とも 0.5: 9.5 とも…。

意識は物質ではなく計れないため 数値はいろいろですが、潜在意識が広大な領域であるというのが 研究者たちの一致した見解です。


セラピーでは、ほんの小さな不自信だったり、理由のない孤独感不安感などを記憶の底から取りだして、解放していくために幼児期に退行していきます。

そして、胎内にいた頃や、潜在意識にしか記憶がない(と思われる)前世まで辿ることになるのです。

かといってスピリチュアルなイメージで特別に神秘的な体験や自分の意識をまったく失ったように、憑依的なフル・トランス状態を期待すると (あれ?これが催眠状態?)と思うかもしれません。 

催眠中は普通に会話もできるし、涙を拭いたり、顕在意識も機能していて (なんで、エジプトなんだろう?)と思考している自分もちゃんといるわけです。

そう、潜在意識と顕在意識がつながっている状態で、例えるなら、電車に乗っていながら昔を想い出している感じ。

今のあなたは、次の駅が どこかもわかっているし、車内アナウンスも聞こえる。

けれど意識の大部分は”今”になく、 心の眼では別の景色を見ていて、香りや周囲のまでも浮かんできている。その時代、場所の風や気温を感じられる

その時空に集中していながら、一方では(次の駅で降りなくちゃ!)と気付いてもいます。 

その感覚が催眠状態。 それならいつも誰もが没入していますね。

潜在意識は あなたの記憶ストレージ

もう一つ、例を挙げましょう。

映画のワンシーンを観て(ゾゾ~!)と鳥肌が立つ。

 (あぶない!)と思った瞬間にドキドキする。

これも、意識がシーンの中に没入し、体験と一体化している証です。

実際のあなたの目の前にあるのは画像を映し出す、ただのスクリーン。

あなたは、そのスクリーンに鳥肌が立ったりドキドキしている。

そこに現実はない


なのに、あまりに臨場感が高いので、潜在意識はその情報を取り込んで、そしてそのように五感は反応し始めます。

泣いたり、笑ったり、怖くなったり。

何かに深く集中している状態でいるときにも潜在意識の扉は開き、あなたは催眠に入っています。

潜在意識は生まれてから現在に至るまで、すべての出来事を覚えており全てのシーンを撮影した、いわば記憶のストレージ

ですから普段は封印されているのです。

この封印を解くのがヒプノセラピー

 信じなくても、構わない

心理学の見地からいえば、前世はあってもなくても 、信じても信じなくても構わないのです。

ただ、その記憶感情が表出したのはなぜだろう?

なにかそれに反応するものが潜在意識に埋もれてたのですね! では、それは解除しましょう 。不要な感情なら 終わらせましょう という見方をするのです。


記憶の確かさを証明するのでなく、感情記憶がでてきた理由を問題にするのです。

なかには、どこかの星や別宇宙から来たソウルの意識、過去生は天使だったという記憶や、ヨーロッパの騎士修道女、アジアの貧しい少女だったりします。

…ですから実際、調べようがありません。

もちろん、心理学では説明のできない不思議も起こっています。

具体的に確認できる史実と合致したため、真実と思えるケースもありますし、また 確認できないからといって事実でないという証明もまた、できないのです。

つまり、前世そのものの概念については、反証もできないけれど、確証もないといった具合です。

このように、研究者たちの物議をかもしだしている【前世体験】ですが、それでもなお、この追憶のセラピーが、人々に有益な効果を発揮していることは 事実です。

催眠療法とは

イギリスアメリカ医師会により有効な治療法として認められ、米国心理学会精神医学会が続いて有効性を認めた心理療法

NLP心理学も、催眠療法などのテクニックを 体系化したものです。


関連記事 【Past Life 前世療法 Ⅱ】

関連記事 【Past Life 前世療法Ⅲ】