ブログ

デジャビュという名のサイン

今日は前世療法のレッスン。

今の人生を計画してくるとき、私たちは大切な出会い選択を見誤ることがないようにサインを決めてくるというのは、催眠療法士マイケル・ニュートン博士が著書でクライアントの事例から紹介しています。

大抵は小さくて自分だけに響くサインなので論理や理由は不在です。思考や理由を優先すると見逃してしまうのだとか。

自分で決めてきた「お約束の出来事」は、デジャビュ(既視感)という形でも体験することがあります。

注)デジャビュは déjà vu(すでに見た)という過去完了形のフランス語。

かつて一度、今と同じ人生を体験していたのだとか、生まれる前に下見をしたのだとか…いくつかの説明がなされています。

デジャビュ 3つのケース

デジャビュには、3つの考え方があります。

①生まれる前に予め、下見してきた潜在記憶。(重要な意味があるシーンなので、忘れないようにソウルに刻印している場面だという説。)

②かつてと同じ人生を再体験している。(再び同じ人生を履修しているという時空概念。)つまり未来も過去も 同時に存在しているという解釈です。

③次元が緩んで交錯しているため、無意識に各次元を行き来している。(デジャビュ体験は、 意図せず アシック・レコードに 繋がっている方に多いと言われています。)

脳科学では

一方で、デジャビュ体験は脳科学的にも説明できるようです。

外部から得た情報が記憶を作る海馬を通過するときに、それぞれの情報の小さな断片が時間差を持ってバラバラに通過して行くと、先に到着した記憶の断片と、ほんの少し遅れて到着した断片とでは時間差があるので、先に到着した記憶を、以前にどこかで見たことがある気がする…という説明です。

あたかも 一つの体験に時間差があるような錯覚である(脳の誤作動)という解釈ですが、それでもなお、前に絶対に知っていた!ということや、デジャビュの次の瞬間に起こることさえも知っていて、その通りになる体験をしている人々もいます。

意識が時空を飛び越え(夢の中などで)アカシックに繋がり、下見をしているのだとしたら説明がつきますね。実際、神智学ではそう伝えています。

私などは未来が感じ取れるという後者の体験が多いので、脳科学的な説明には無理があるように感じている一人です。

また、デジャビュが多い人と、殆ど体験したことがない方とでは直観力の精度が違うという説もあります。

サイキック(直観力)は特別ではないことは「アカシック直観リーディング」クラスでもお伝えします。

デジャビュだけでなく、もっといろいろな 体験が増え日常的にさまざまなサインに気づく人生、あなたとは あなたが思うより ずっと可能性のある存在!という気付き、それがアウェアネスの意味ですから。


ヒプノセラピーとアカシックのスクール@横浜

【アウェアネス・インスティテュート】